freee
ロケーション
大阪 ⇄ 東京
導入日
2022年 08月 22日
ウェブサイト
freeeの新しい東京本社と大阪オフィスをtonariで結び、エンジニアがどこにいても仕事ができる柔軟で一体感のある環境を実現しました。魅力的なオフィス環境は、リクルーティングツールとしても強いアドバンテージとなっています。
東京と大阪に分散したエンジニアチームがtonari越しに「対面」でペアプログラミング

IT企業にとって要とも言えるエンジニアの採用と入社後のエンゲージメントにおいて、優秀な人材ほど「柔軟な働き方」と「新しい技術の会得・スキルアップ」を重視する傾向があります。リモートワークの普及において、この両輪を整えていくことが企業の命題である「人手不足解消」と「生産性向上」につながるといえます。

「働きがいのある会社」ベストカンパニーのトップ10に8年連続で選出されているfreeeは、在宅勤務でペースダウンしていた活発な議論や社内の一体感を改めて高めようと、対面機会の創出を目的に、今年8月に本社を「アートヴィレッジ大崎セントラルタワー」へ拡大移転しました。今回、新本社と関西支社にtonariを導入し、双方のエンジニアエリアをつなぐことで、東西どちらに居住・勤務しようと拠点や部署に捉われず、コミュニケーションやプロジェクト(エンジニアであれば設計のブレストや遠隔の共同プログラミングなど)を円滑に進められる環境を作ります。

デザイン

freeeのtonari(左上:東京 右下:大阪)

freeeでのtonari空間は、新しい東京本社と成長著しい大阪オフィスをつなぐ設計にしました。東西どちらで勤務してもOK。場所を問わず、コミュニケーションやプロジェクトを円滑に進められる環境を実現しています。

tonariは、東京と大阪のエンジニアチームのデスク近くに、オープンなコラボレーション&ブレイクアウトエリアを設けました。「対面式」のペア・プログラミングや、ランチ会、ティータイムにも定期的に利用されています。そして社員が頻繁に行き交う通路沿いにあるため、通りすがりの自然な会話のキャッチボールが可能です。

オフィス家具に関しては移動しやすいものを選び、カジュアルな会話からサイドバイサイドのコラボレーション、プロジェクトのキックオフやデザインブレストに至るまで、少人数でも多人数でもレイアウトを柔軟に変更できるようにしました。

お客様の声

「オフラインとオンラインの間を埋めてくれるtonariは、思っていた以上の体験。大阪にいるメンバーに手を振って声をかけたくなる!プロジェクトのキックオフ時など『密なコミュニケーションや抽象的な議論』が必要な場面で、tonariを通して語り合い、形を作っていく。長期的には、場所の制約なく成果を出せる環境を目指したい」 稲村さん マネージャー 東京オフィス

「5名体制の部署で私だけが大阪勤務なのですが、tonariを介することで東京チームのエネルギーを感じられ、一体となって仕事ができることに感激。住む場所も働く拠点も選べるfreeeは、とても柔軟」 横さん エンジニア 大阪オフィス

メディア

freeeがtonariを導入、エンジニア採用にも強力なツール
tonariのプレスリリース(2022年9月28日 13時50分)freeeがtonariを導入、エンジニア採用にも強力なツール
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000069342.html
cover image
freee、大崎にオフィス移転 「行きたくなるオフィス」に
freeeは、8月22日に五反田から大崎へオフィスを移転した。面積を2倍に拡大し、「行きたくなるオフィス」を目指したという。
https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1441190.html
cover image

写真

同僚に会いたくなる職場環境
東京<>大阪間の打ち合わせ
カジュアルなでグループランチ
東京と大阪に分散したエンジニアチームがtonari越しに「対面」でペアプログラミング